読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんどいしんどい

明けて日曜

風邪ぎみで体調優れずだったが、友人と車で周辺散策と買い出しに出た。

 

とある温泉施設で1000円のランチバイキングがあったので入ってみた。

 

並べてあった料理は、から揚げ、炒め物、カレー、焼きそば(北海道は塩焼きそばが普通らしい)、椀子そば、てんぷら、春雨、果物類、ケーキ類とまあ普通

 

味も普通、北海道に来たのに、北海道らしいものはまだ何も口にしていない

唯一らしいものと言えば、前の日の昼に食堂で食べた味噌ラーメンくらいだ。

 

味噌ラーメンに乗っかっていたトロトロのチャーシューは厚さ3cmくらいのが3枚で、食べ応えがあった。

 

「いつもより麺の量も多くてサービスしてくれたのかも?カレーもいつもより量が多い」と友人が言っていた。

 

田舎だと顔見知りになるだけで、こういうサービスがあるらしい。

近所の住民が、野菜やら肉やら魚を家に持ってくるので、食費はほぼタダだと言っていた。

 

いま空家の冷蔵庫には牛肉、じゃがいも、魚が大量にある。

 

 

 

 

朝兼昼飯をバイキングで済ましたあと、僕の部屋で使うカーテンやら空家生活に必要そうなものを買った。

 

僕個人としては、今後ここに長居するかどうかは今の段階ではまったく未定だが、移住者を募って町を盛り上げたいと考えている社長の意向で、空家で必要そうなものは今後買い揃えていいとのことだった。

 

なので、カーテン以外に必要なものも社長に確認して買いそろえるつもりだ。

 

前の晩、社長宅で飲んだときに、とにかくカビ臭い畳をどうにかしたいと伝えたら、張り替えると言ってくれた。

徐々に住み心地をよくしたい。

 

 

友人は、来月から役場で働くことが決まっており、住居も新しく別のアパートを個人で借りることになっている。

 

空家のネット環境はどうなっているかと言うと、友人個人のモバイルルータを使っている。

友人が新居に移ってからしばらくは、そのままモバイルルータを使わせてもらい、会社持ちで新しく別のネット回線契約が済み次第、そちらに切り替えることになるようだ。

 

僕は、特段趣味と言える趣味もないので、ネットさえあればこんなくそ田舎でも暇つぶしができるし、必要なものもネットから買えるので、その点は都会暮らしと変わらないなと思っている。

 

むしろ、ネットが無いとなると、ここじゃくそ暇で死んでしまうだろう。

 

都会にいた頃も、休日は仕事で疲れて外に出ずに、一日中ネット、マンガ、動画(映画)、ゲーム、で過ごしていたような人間なので、ネットがあるかないかが超絶重要だ。

 

 

そんなこんなで夕方、家に戻って熱を測るとまたひどくなっていたので、玉子うどんを作って食べて、午後9時、早めに就寝した。

 

友人は、ボカロの曲をかけながらパソコンで仕事の続きをしていた。

 

翌日は、社長に会って話をする予定だったが、風邪をひいてしまったので延期してもらうことにした。